異業種/職種への転職

【3分で読める】30代未経験で転職するのに重要なたった1つのこと

この記事は次のような悩みを持つ方におすすめです。

・今アラサー(30歳前後)で、未経験での転職を考えている
・職種を変えて転職しようとしているが、どの職種にするか決まっていない
・今の仕事が向いておらず環境を変えてチャレンジしたい
・30過ぎてもキャリアが不明確で将来に漠然とした不安を抱えている

私は、1回目にメーカーの技術職から特許事務所の専門職へ、2回目は特許事務所からIT企業のマーケティング・企画職へ転職しました。29歳31歳のときの転職でしたが、2回とも未経験での転職でした。

アラサーで未経験での転職だったので正直めちゃくちゃ悩みました。

・今の仕事が向いていないから辞めたい、でも年齢的に手遅れかもしれない
・でも職場環境を変えたい
・年齢を考えると今更未経験の業界に転職するのは恥ずかしい

などなど…様々な思いがありました。

しかし、今ではマーケティングという自分がやりたかった仕事を見つけることができ、憧れだったIT企業で満足した仕事をすることができています。

今回は私の転職経験をもとに、アラサーで未経験から転職するのに重要なポイントについて書きたいと思います。

今、未経験からの転職を考えている方にはきっとお役に立つ情報だと思いますので、ぜひご一読ください!

どの業種・職種に転職したいかは明確ですか?

未経験からの転職を考えている方は、どの業種・職種に転職したいかは決まっていますか?未経験での転職には以下の3パターンあります。

  • ①同職種で異業界への転職
  • ②同業種で異職種への転職
  • ③異業界で異職種への転職

どれに当てはまりますか?それぞれについて解説していきます。

①同職種で異業種への転職

たとえば医療機器メーカーの営業職から製薬会社の営業職に転職する場合です。同職種で異業種への転職は、比較的多いです。

異業種への転職は30代でも50%以上というデータがでています(出展:doda

②同業種で異職種への転職

たとえば自動車メーカーの技術職から自動車メーカー の営業職に転職する場合です。年齢が上がるほど異職種への転職はどんどんと減っていき、30代では30%を下回ってしまいます(出展:doda)。

同業種で異職種への転職を考えている方は、転職するよりも今の会社で異動することができないかをまず検討することをおすすめします。

③異業界で異職種への転職

たとえば家電メーカーのコーポレート職(人事・総務など)からIT業界の企画職に転職する場合です。 30代で異業種かつ異職種に転職する人は少ないので、転職するには相応の理由と準備が必要となります。

しかし、業種・職種の選定などのポイントをしっかり押さえれば転職することは十分可能です!以下に業種・職種の選び方のヒントと転職成功のポイントについて書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

業種・職種の選び方のヒント

それではどのような観点で業界・職種を選べばよいかを解説していきます。

業種を選ぶヒント

結論から言うと、市場が伸びている業種や安定している業種を選ぶとよいです。市場が伸びている業界の中から自分の興味がある業界を選ぶことができればベストです。

伸びている業界はたとえば以下です。

  • IT業界
  • フィットネス業界
  • 美容業界
  • 医療業界

安定している業界の代表例はインフラ業界です(高速道路、鉄道、ガス、電力などです)。

職種を選ぶヒント

職種に関しては次の観点から選ぶとよいです。

  • 専門性が高い
  • スキルが身につく
  • 中・長期的に需要がある

人間の感情を扱う仕事はAIにより置き換えられにくいので、以下のような職種の中から自分に合うものを選ぶとよいでしょう。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • ライター
  • 営業職
  • 士業

ただし、作業的な仕事は今後なくなる可能性があるので、たとえば士業を選択する方はコンサルティング業務などAIによって置き換えられない仕事をしていくことを見据えて仕事を選ぶことをおすすめします。

未経験からの転職に大事なたった1つのこと

業種・職種の選び方について解説していきましたが、最も大事なこととしては

自分の好きな仕事に就くこと

です。

拍子抜けされた方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)、説明させてください。

なぜ好きな仕事でなければいけないか?

好きな仕事でなければ主体的に仕事に取り組むことが難しく、ある一定レベルの成果しかあがりません。成果を挙げられないとモチベーションを維持することが困難となり、仕事をするのが嫌になっていき悪循環に入っていきます。

仕事をしていく上では以下のサイクルに入ることが非常に大事です。

 主体的に仕事に取り組む
⇒成長する
⇒成果が上がる
⇒モチベーションが上がる
⇒もっと頑張る
⇒成長する(以下繰り返し)

このサイクルに入ることでどんどんと成長し自信が育まれていきます。自信がつくと新たなことへ挑戦する意欲も湧き、さらに成果が上がり…と正のスパイラルに入っていきます。

自分の ” 好き”を見つけるためには?

・自分の好きなことがわからない
・自分のやりたいことなんてない

もしかしたらこんな方↑がいらっしゃるかもしれません。

すごくその気持ちわかります笑。私も自分の好きなことが30過ぎてもよくわかっていませんでした。30過ぎて自分の好きなこともわからなくて恥ずかしいし、情けない…とか思っていましたが、全然気にする必要ありません。あなたの”好き”は必ず見つかります。

行動あるのみ!

自分の”好き”を明確にするためにはとにかく行動しまくってください。私は転職する際にめちゃくちゃ行動して自分の”好き”を探しました。

  • メルカリでモノを売る
  • 他部署をアポなしで訪問して他部署の仕事の話を聞く
  • 資格のスクールに通う
  • ブログを立ち上げる
  • 色々な業界の人に会って話を聞く
  • 転職エージェントに登録してカウンセリングを受ける…etc

思いついたことを全て実行しました。その結果、自分の”好き”の正体がわかってきました。

私が好きな仕事としては主に以下の3つです。

・モノ/サービスを売ること
・文章を書くこと
・成果が数字で明確に表れること

これらの条件を満たしている仕事にしようと思い、マーケティング関係の仕事に就きました。ユーザーの興味を引くようなキャッチコピーや文章を書いたりすることが多く、自分たちが打った広告に対して商品・サービスの売り上げがどれだけ変化したかが明確に数値で現れるという仕事なので、自分にぴったりな仕事と感じています。

まとめ

ここまでの内容のまとめです!読んでいただいてありがとうございます!

要約

1.30代で異業種・異職種への転職者は少ないが、全然チャンスあり
2.業種は市場規模で、職種はスキル・将来性で選ぼう
3.好きな仕事に就こう
4.”好き”を見つけるためには行動あるのみ!